28歳半年で小児をお産し、出産してから2か月後の28歳8カ月の時に、膝、肘、足首などの関節痛が起こりました。
見た目としては、高い所を食するために腕を上に上げようとしたときに疼痛があり、決めることができない、洗濯存在も干せない、しゃがむら痛くてしゃがむことができないというようなもので、生後2カ月で抱っこばかりの家計はもちろんのこと、暮らしを送る事もままならない程で実に苦労しました。
ワキや二の腕の黒ずみは、中学位から気になりストレートました。
思えば、ワキや二の腕のムダ毛メンテナンスが必要になってきてから、黒ずみも気になるようになりました。
痛散湯
ムダ毛メンテナンスを増やすことによって、表皮が傷つけられて負荷をうけますし、
がんらい負荷に強いポジションではないので、負荷によるシミがしやすいポジションだったのでしょう。
ですが、衣類を通じて露出する要所ですので、メンテナンスをさぼるわけにもいかず、
メンテナンスをしながら黒ずみをケアすることが苦しく、どうしたものか危険がつきません。
黒ずみは、ムダ毛メンテナンスにより皮膚が傷つけられ、神経質になり、負荷を受けることにより
シミして起こるものだと思いましたので、
ムダ毛メンテナンスの回数を切り落とし、ムダ毛メンテナンスの先には皮膚を保護して負荷をひたすら少なくする方法でアフターサービスしました。
皮膚の手助けとしては、保湿クリームを付けるなどして、傷ついた皮膚に直
被服がふれないようにしました。
黒ずみがひどくなることは、防ぐことができていると思いますが、
これまでにできてしまった黒ずみは、随分薄くならず、
警備策としては満足できるものではありましたが、
効果としては大喜びといえるものではありませんでした。
ワキや二の腕の黒ずみが気になり、薬用アットベリージェルを使い始めました。
こちらのジェルは、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸など、皮膚の保湿、ビューティーに良い種が含まれていますし、
一つジェルそれで化粧水、乳液、クリームといったアフターサービスを重ねる時刻を軽減できます。
ずぼらな自分でも続けられみたいと思い、使ってみることにしました。
ジェルは、皮膚に浸透しつつ、外装はヒアルロン酸が保護してくれるので、
外負荷を防ぎつつ皮膚の負担を改善してくれますので、ムダ毛メンテナンスなどでできてしまった黒ずみを少なくして、
痛んです皮膚を補修してテカテカとしてくれました。
腕を上げたりしゃがんだりの時に疼痛を感じていましたが、それ以外では考えることはあまりありませんでした。
暮らしで困った事は、まず肘の関節痛を通じて腕が上げられないので高い所のものが取れない、洗濯存在が干せないについてって、膝や足首の関節痛にて立ったりしゃがんだりする事ができないことです。立ったりしゃがんだりはどこかにつかまらないと辛く、腕の情熱に頼っていました。
また、生後2カ月の小児ってお風呂に入る時は、小児を抱っこしているので腕の情熱に頼ることもできず、小児を銭湯に減らすわけにもいかないので取り違えることもできず、本当に苦労しました。
スキームとしては、血行を良くした方がいいのかと思い、うちにおける時は暇さえあれば揉んだりマッサージしたりしていました。
関節痛それで、関節が固まっているのかとも思い、膝は膝裏にテニスボールを挟んで関節を引き伸ばすようにしていました。
ですが、効果はなんだか見られず、マッサージ師にみてもらったりもし、体の偏り等もみてもらい、歪んでいれば治してもらいましたが、でも効果はありませんでした。
ひと月なかばぐらい悩まされましたが、自然とそれほどなってきました。